黒狼の一族(1~2) 所ケメコ ベッドシーンが多かった おススメ完結漫画

黒狼の一族(1~2) 最新刊で最終巻



 始めて読んだ作家さんです
 ベッドシーンが多いので、TL漫画、のジャンルになるのかな?

 でも、ちゃんと物語になっているので、エロ、って感じはしませんでした
 さて、2巻が最新刊で最終巻です
 タイトルにはナンバーふってないですが私が勝手に(2)をいれてます(><)

 過去の因縁も解き明かされて、ハッピーエンドです(^^)

黒狼の一族
黒狼の一族巡り合う獣の交合



黒狼の一族  最終巻(2)のあらすじ



「早くこの蜜を味わいたい―――」
 
 名門・財賀家の男には呪われた血が流れているという。

 それは類まれなる才能と引きかえに身体を腐らせ、人の体液を求め走らせる。

 人の思考が読める能力を発症した財賀暁生は“適合者”である美夕を見つけ、妻にした。

 未だ病は解けないが、美夕との間に奇妙な因縁を感じ…!?

 愛と欲望に翻弄される、呪われし美形一族のエロティック恋奇譚!!



黒狼の一族 最終巻(2)のネタバレ



 ハッピーエンドで終ったので、満足です
 オジサンは、相手が見つからずに可哀想ですけどね

 

財賀暁生(あきお)・長男
睦月・次男

桐夜(きりや)・当主
秋晴(しゅうせい)・当主の弟

メイドの美夕

4話、凶賊と薔薇の誘惑
5話、獣は夢幻の薔薇を食む
6話、薔薇が与えしもの・上
7話、薔薇が与えしもの・下
8話、落花、そして

4話
 財賀には人の心が読めるから
 帝都の特高警察に所属して、通常の人間に扱えない案件を扱ってます
 そのせいか、裏社会なのか、権力者の裏の顔なのか、そういうのから狙われてます
 で、園遊会の時にそいつが現れて
 美夕が暁生を庇うから、暁生が庇い直して負傷です
 ただ、現在の発症で、傷の治りは速いです
 ちょっと、吸血鬼みたいな感じですね

5話
 秋晴は暁生と同じ症状が出ていて
 暁生が人の心が読めるのに対して
 秋晴は催眠ができます
 発症と同時に子種もなく、いずれ体が腐って死ぬ
 そんな未来のない世界から、暁生は適合者を見つけた
 彼女は俺とも適合するのではないか、って
 秋晴は美夕に催眠をかけて、自分を暁生だと思わせて
 体を奪おうとしますが
 その体には、秋晴の適合者としてのアザは現れませんでした

 暁生は、お前じゃなかったら殺してた、って言います
 自分より先に発症していた叔父がいたから、仲間がいたから耐えられた、って
 
 秋晴さんの気持ちが切ない名編でした

6話、7話は
 暁生の先代?っていうと親父さんになるけど
 もう少し前かな?
 発症して、イギリス留学に逃げて
 そこで適合者と出会ったけど、その彼女を殺された発症者がいました
 彼女の死を後悔して後悔して
 二度と彼女を失いたくない、って

 それが、前に見つけた指輪に秘められた物語でした
 彼らが、暁生と美夕の前世らしく
 今生では、美夕を守ることができて
 やっと、過去の魂は成仏したらしいです

 美夕はなんと妊娠しました
 適合者なら結婚、出産もできる、ってわかって、とっても幸せな二人でした
 ってとこでおしまい

8話めは
 適合者を守りきれなかった前世のお話でした
 そして、今生で暁生がメイドの面接で、美夕と出会った時へと続きます

 って感じでおしまいでした
 奇病、ってことでしたが
 しっかり美夕の体と愛情で元気にパパにまでなれた暁生さん
 ハッピーエンドでした

 短いから読みやすいし、ハッピーエンドだし
 おススメ完結漫画です(^^)




 
 完結漫画で、おススメしたいマンガの紹介ブログ(2)。のTOPはこちら。タイトル一覧は右サイドです←別窓で開きます。



★★白泉社の漫画でおもしろかったのをおススメ中
★★集英社の少女漫画でおもしろかったのをおススメ中
★★外国が舞台の歴史漫画でおもしろかったのをおススメ中
★★1000冊以上読んだ漫画で、おもしろかったのを紹介中
  ↑
 このブログでご紹介したおススメ完結漫画の
 全巻あらすじ&レビューが読みたい方は、コチラの4サイトブログに載ってます。
 白泉社の漫画での完結漫画は、白泉社の~に
 以下同様です(^^)


★★★★★完結漫画でおススメしたい漫画(1)100件をネタバレ中このブログのパート1です。







コミックはネットオフでも安く買えます。まとめ買いして1600円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)

 あと、ネットオフやアマゾンの中古が欠品で、早く新刊が読みたい!って時には新刊漫画を合法的に安く買う方法とかを使ってます。
 情報商材とかじゃなくて、とっても当たり前で簡単な方法なので、興味のある方は参考にしてみてください。



 
 

この記事へのコメント