桃色ヘブン(13) 吉野マリ とってもおススメ完結漫画の最新刊で最終巻 

桃色ヘブン(13) とってもおススメ完結漫画



 作者さんの出世作になったようです
 13巻までの長期連載は、すごい

 ただ、これ、13巻は番外編ですね
 12巻で完結して、番外編、って出せばわかりやすいと思うんですが
 ま。いろいろ大人の事情でしょう

 ここでは13巻のネタバレを
 蘭丸×桃子の間に子供が生まれた、ってとこが描かれ
 大人になった康太の恋愛模様が描かれてます

http://blog.livedoor.jp/ritti999-manga999/archives/cat_248201.html

 
桃色ヘヴン!(1)
桃色ヘヴン!(2)
桃色ヘヴン!(3)
桃色ヘヴン!(4)
桃色ヘヴン!(5)
桃色ヘヴン!(6)
桃色ヘヴン!(7)
桃色ヘヴン!(8)
桃色ヘヴン!(9)
桃色ヘヴン!(10)
桃色ヘヴン!(11)
桃色ヘヴン!(12)
桃色ヘヴン!(13)

桃色ヘブン(13) あらすじ



 桃子(ももこ)と蘭丸(らんまる)の結婚式から数年――。

 桃子の弟・康太(こうた)は高校2年生。
 唯一のガールフレンドである、タレントの樹里亜(じゅりあ)とも相変わらず進展のない康太だが、
 カメラマンアシスタントの仕事で出会った年上の女性、奈々子(ななこ)に康太は強く惹かれていき……? 

 ソロバンの天才少年と数字オンチな少女のラブストーリー、傑作読みきり「スナップ・ビーズ」も同時収録。

 大人気ピンキー・ラブコメディー、感動の最終巻!






桃色ヘブン(13)  ネタバレ



13巻が最終巻です
登場人物のまとめは、以下に

椎名 桃子(しいな ももこ)
 亡き父のゴーストライターとして官能小説家愛原ジョージの名を継ぐ

椎名 康太(しいな こうた)
椎名 桜子(しいな さくらこ)

姫宮 凛(ひめみや りん)

伊縫 蘭丸(いぬい らんまる)
 人気イケメンモデル。桃子がゴーストライターと知り、奴隷化する

伊縫 季理子(いぬい きりこ)

香月 籐摩(かづき とうま)
黛 真一郎(まゆずみ しんいちろう)
西条 莉緒(さいじょう りお)


番外編・きみとぼくの恋の色
ショート番外編・

全然違うお話・スナップビーズ

 全13巻
 さえない女子高生には秘密があって
 それを知ったのがイケメン男子高生で
 恐喝?で付き合い始めたけど
 愛が芽生えて、ハッピーエンド
 という
 少女漫画の王道展開の漫画でした

 出色なのは、桃子の職業が官能小説家、ってとこですね
 あと、イケメンの蘭丸には、出生のごたごたがあって
 そこのとこが、母性的な桃子に惹かれる、って納得感がありまして
 くっつくのに無理がありませんでした

 夢物語ではありますが
 こういうとこが、きちんとできてると
 世界観に入りやすいです

 いきなりベッドシーンがある、ということもなく
 ゆっくり愛がはぐくまれていくのが、好きでした

 さて
 先にも書きましたが、13巻はほぼんど番外編
 本編の二人、桃子と蘭丸が結婚して3年後のお話です

 桃子の母性の象徴でもありました、溺愛対象の幼った弟の康太は高校2年生になりました
 樹里亜は、蘭丸つながりでつきあいが続いてます

 蘭丸×桃子の結婚式でカメラをいじってから
 とてもスキになって、康太は高校でも写真部ですが

 さらに話は2年後
 康太は写真関係の専門学校に行ってます

 樹里亜は子役あがり、ってだけで
 大きな役もできなくて
 ついにヌードになることに

 それを止めたのは康太で
 康太はずっと樹里亜が好きでした、ってお話です

 さて、結婚して5年後
 蘭丸×桃子に赤ちゃんがうまれました
 男女は漫画の中で告げてません
 どっちでもいいよね(^^)

 って感じで完了です

 とってもおススメです(^^)
 
完結漫画で、おススメしたいマンガの紹介ブログ(2)。最終巻のあらすじ、ネタバレ注意のTOPはこちら。タイトル一覧です←別窓で開きます。

★★白泉社の漫画でおもしろかったのをネタバレ中
★★集英社の少女漫画でおもしろかったのをネタバレ中
★★外国が舞台の歴史漫画でおもしろかったのをネタバレ中
★★講談社、小学館、角川、秋田書店の漫画でおもしろかったのを、ネタバレ中

★★★★★完結漫画でおススメしたい漫画(1)100件をネタバレ中







コミックはネットオフでも安く買えます。まとめ買いして1600円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)

 あと、ネットオフやアマゾンの中古が欠品で、早く新刊が読みたい!って時には新刊漫画を合法的に安く買う方法とかを使ってます。
 情報商材とかじゃなくて、とっても当たり前で簡単な方法なので、興味のある方は参考にしてみてください。



 

この記事へのコメント